Chaos
プロダクト
Discover V-Ray Collection

All in one

Simulation

Cloud

インダストリーエデュケーションコミュニティ
詳細を見る
ヘルプ

Visit our Help center

ヘルプ

Chaos Help Center


Contact us

リソースギャラリー
© Dabarti Studio
© Dabarti Studio

V-Ray GPU

GPU speed. Powered for production.
無料で始める

V-Ray GPUは、フル機能を備えた3D GPUレンダリングソフトウェアです。フォトリアルな結果を高速で実現し、作業しながらフィードバックを得ることができます。

 

 

Maximize your hardware.

他のレンダラーとは異なり、V-Ray GPUはすべてのGPUやCPUを使用してインタラクティブなパフォーマンスを最大化し、同一の結果をもたらします。

CPUレンダーファームではどうなりますか? 問題ありません。ローカルワークステーションではGPUの速度を生かしてください。そして、ハードウェア構成に関係なく同じ品質が得られることを確認できたらC`Uレンダーファームでレンダリングします。

See what's new.

V-Ray GPU with RTX support
© Dabarti Studio
Smart UI

新しいcontextual UIは、V-Ray GPUワークフローに自動的に適応します。 現在、3dsMaxとMayaで利用できます。

V-Ray GPU key features

Forest Pack support

Forest Packのスキャッタリングツールセットを利用して、詳細なシーンをレンダリングします。

Forest Color support

Forest Pack独自のForest カラーマップを使用して、シーンにリアリズムとカラーバリエーションを追加します。

Aerial perspective

あらゆるシーンに雰囲気と深みを加える高速でシンプルなフォグ。

Color to bump map

Color to Bumpノードを使って、プロシージャルテクスチャを含むあらゆるテクスチャマップをバンプマップとして使用します。

Bercon noise

プロシージャルなノイズを細かくコントロールする、人気のサードパーティ製シェーダーです。

Stochastic flakes

プロシージャルなメタリックフレークで、車の塗装を完璧に仕上げることができます。雪や砂にも効果があります。

Displacement & Hair

リアルな髪の毛とディスプレイスメントで、シーンの細かい部分までレンダリングできます。

Procedural V-Ray fur

あらゆるシーンにプロシージャルなヘア、ファー、草(Grass)を素早く追加できます。

Matte Shadow catcher

オブジェクトの影をレンダリングし、背景にシームレスに合成します。

V-Ray Clipper

マテリアルや照明効果を自在にコントロールして、断面図を簡単に作成できます。

Low GPU thread priority

GPUデバイスのスレッド優先度を低く設定し、レンダリング中もビューポートで作業を継続できます。

Render elements

幅広いビューティパス、ユーティリティパス、マットパスをレンダリングすることで、合成時のアーティスティックでテクニカルなコ制御を向上させます。

NVIDIA NVLink™

グラフィックスカード間でビデオメモリを共有する高帯域幅のインターコネクトNVIDIA NVLinkをフルサポートしています。

Multi-GPU support

V-Ray GPUは、お使いのシステムが認識する全てのGPUをサポートし、超高速ワークフローを実現します。

Identical CPU results

V-Ray GPUはCPUでも同じ結果となり、ローカルやクラウドのネットワークを簡単に活用することができます。

Support for VRAYDISTANCETEX

V-Ray GPUにより、シーンのシェーダーのセットアップとジオメトリに基づくレンダリング効果を高速化。
ビデオを見る >

Support for Alsurface material

V-Ray GPUでレイヤーSSSとグロッシーフレネル反射を実現した汎用シェーダ。

Rendered in V-Ray GPU

Featured articles

V-Ray GPU adds support for Nvidia RTX

RTXアクセラレーションは、新しいV-Ray Nextのアップデートにスピードアップをもたらします。

The secrets of Ian Spriggs’ 3D portraits

Ian Spriggs氏は、細部にまで注意を払います。 彼の最近の作品の、コンポジションや詳細の裏側を伝えてくれます。

V-Ray GPU advancements in V-Ray Next for Maya

V-Ray Next for MayaのV-Ray GPU機能は、3.6よりも飛躍的に進歩しています。 重要な改善点のいくつかをまとめました。

Profiling the Nvidia RTX cards

レイトレーシングとGPUレンダリングの未来をご覧いただきました。Vladoのベンチマーク実験でGeForce RTXカードがどのように動作したか、そしてそれが何を意味するのかを学んでください。

What does the new Nvidia RTX hardware mean for ray tracing, gpu rendering & V-Ray?

新しいGPUレイトレーシングハードウェアの発表を受けて、Vladoがこのブレークスルーがレンダリングの未来にとって何を意味するのかを説明します。

Mint Studios takes us behind its gpu rendering based workflow

Mint StudiosのLeonardo Bartz氏は、すべてのレンダリングをGPUで行っています。彼のワークフローを公開し、V-Ray Next for 3ds Maxの新機能をどのように活用しているかを紹介します。

Visual State unites V-Ray Next and VRscans for Jaguar project

Chaos Groupの次世代技術は、クリエイティブスタジオの目を見張るようなレンダリングに貢献しています。

Powered by V-Ray GPU


 
V-Ray GPUは、次のV-Ray製品に含まれています。
クリエイティブなスピードを加速するために、V-RayGPUで新しいプロジェクトを開始することをお勧めします。
作業内容は変える事なく、いつでもV-RayGPUからV-Rayに移行できます。
host-logo-3dsmax-200x200.svg
V-Ray for 3ds Max
host-logo-maya-200x200.svg
V-Ray for Maya
V-Ray for SketchUp
V-Ray for Rhino
host-logo-houdini-200x200.svg
V-Ray for Revit
cinema-4d-logo-55x55.png
V-Ray for Cinema 4D
host-logo-unreal-200x200.svg
V-Ray for Unreal
V-Ray for Houdini
host-logo-nuke-200x200.svg
V-Ray for Nuke
v-ray-benchmark-up2-settings-spotlight.png

GPU Hardware

V-Ray GPUは、過去7年間(Kepler世代以降)の、CUDA対応のほとんどのNVIDIA GPUをサポートします。

CPUで実行する場合、パフォーマンスはV-Rayと同様です。 1つ以上のGPUを含めると、何倍も高速になります。 V-Rayベンチマークページで、さまざまなハードウェアでのV-RayGPUの速度を確認してください。

ChaosEnscape
© 2022 Chaos Software EOOD. All Rights reserved. Chaos®, V-Ray® and Phoenix FD® are registered trademarks of Chaos Software EOOD in Bulgaria and/or other countries.

Your shopping cart

There are no items in your cart.

Continue shopping
MasterCard
Visa
AmEx
JCB
Discover
PayPal