Chaos
プロダクト
Discover V-Ray Collection

All in one

Simulation

Cloud

インダストリーエデュケーションコミュニティ
詳細を見る
ヘルプ

Visit our Help center

ヘルプ

Chaos Help Center


Contact us

リソースギャラリー
© Chahoud Cursos
© Chahoud Cursos

V-Ray for SketchUp — Key features

無料で始める購入する

Rendering

Real-time rendering

V-Ray Visionで作業しながら、デザインをリアルタイムに視覚化できます。モデルの周りを移動したり、マテリアルを適用したり、ライトやカメラをセットアップしたり、すべてをシーンをライブリアルタイムビューで見ることができます。さらに、Chaos Vantage Live Linkを使えば、デザインを次のレベルに引き上げることができ、非常に複雑なシーンであっても、リアルタイムでレイトレースレンダリングできます。

CPU, GPU & Hybrid rendering

V-Rayには2つの強力なレンダリングエンジンが搭載されています。プロジェクトのニーズや要件に合わせて、超高速のGPUとCPU、またはハイブリッドレンダリングを選択することができます。

Smart 3D assets

統合されたアセットライブラリChaosCosmosを使用すると、V-Rayツールバーから直接レンダリング可能なオブジェクト、マテリアル、HDRIスカイを検索してシーンに追加できます。 Cosmosアセットには自動LODと正確なスケールがあり、Rhino、3ds Max、SketchUp、Revitで使用できます。

Chaos Cosmosの詳細を見る >

Denoiser

ノイズを取り除き、レンダリング時間を劇的に短縮します。 V-Ray Denoiserを使用して、ポストプロダクションで各レンダーエレメントのノイズを除去します。 NVIDIA AIDenoiserとIntelOpen Image Denoiseは、V-Ray IPRでノイズのないフィードバックを瞬時に提供します。

Interactive rendering

デザインしながら、レンダリング。 ライト、マテリアル、カメラを調整すると、すぐに結果を確認できます。 Sketch Upのビューポートでレンダリングしているときに、ノイズ除去された画像を確認することもできます。

Chaos Cloud

クラウドレンダリングがワンクリックで行えます。

詳細を見る >

V-Ray Swarm

シンプルで高速な、強力で拡張性の高い分散レンダリングシステム。 V-Ray Render nodeでさらに高速化を実現。

UI

Smart Asset Editor

ライト、マテリアル、テクスチャ、ジオメトリ、レンダーエレメントなど、すべてのアセットを1か所で作成、編集、管理します。 すべてのアセットは、わかりやすいフォルダー構造で構成されています。

File Manager

すべてのシーンファイルを1か所で管理します。 ファイルパスを設定し、シーンアーカイブを作成し、テクスチャ、IESファイル、プロキシオブジェクトなどのアセットを記録します。

V-Ray Color Picker

強力なカラーピッカーにより、適切な色相と彩度で必要な正確な色を選択できます。 すべてのカラースロットに対応するRGBカラー値とケルビン温度スライダーが用意されています。

V-Ray Frame Buffer

フレームバッファが一新され、色補正や合成などの後処理タスクを直感的に処理できるようになりました。

Universal asset preview

マテリアル、ライト、テクスチャ、レンダリングエレメントを1つのビューアでプレビューできます。パラメーターの変更が、特定の分離した設定でアセットの外観にどのように影響するかを確認できます。

Lighting

Light Gen

Light Genは新しいV-Rayツールで、SketchUpシーンのサムネイルを自動的に生成し、それぞれにユニークな照明シナリオを表示します。好みのルックを選択すれば、レンダリングの準備は完了です。

Light mixing

レンダリングした後でも、ライトを調整ができます。 LIght mixを使用すると、レンダリングした後に、再度レンダリングしなくても、ライトの明るさと色をインタラクティブに調整できます。

Adaptive lights

多くのライトとIBLを含むシーンで、より速く、よりクリーンで、より正確なレンダリングを行います。

© Javier Weinstein
Global Illumination

強力で高速なグローバルイルミネーションを使用して、フォトリアリスティックな部屋やインテリアをレンダリングします。

© Piotr Zielinski
Accurate lights

幅広いライトタイプにより、自然光、人工光、イメージベースの照明など、あらゆるタイプの照明をレンダリングすることができます。

© LAB Visualizacion
Sun & Sky

時間や場所を問わず、太陽が地平線の下に沈んでいく様子まで、リアルな日中の様子や日の出、日没をシミュレートできます。SketchUpの太陽アニメーションにも対応しています。

Lighting analysis tool

新しいLighting Analysis render elementを使用すると、あらゆるシーンの実際のイルミネーション(Lux)値を簡単に視覚化できます。

Camera

© LAB Visualizacion
Real-world cameras

写真家のように、露出、ホワイトバランス、被写界深度などの機能を制御できます。

Virtual Reality

ステレオモードのVRカメラタイプを使用すれば、人気のあるバーチャルリアリティヘッドセット用のVR対応コンテンツをレンダリングできます。

© Anh Vu Nguyen
Interactive lens effect

GPUで加速されたグレア、ブルーム、およびプロシージャルに生成されたほこりや引っかき傷を即座に追加して、フォトリアリズムを向上します。 レンダリング中にレンズ効果をインタラクティブに微調整します。

Automatic exposure & white balance

いつも完全な露出でキャプチャします。 新しい自動露出と自動ホワイトバランスを使用すれば、オートフォーカスと同じくらい簡単にレンダリングできます。

Shading

Material library

見栄えのいいマテリアルを作成したり、アセットライブラリに用意されている500以上のマテリアルを選択することができます。マルチレイヤーのカーペイントから正確なサブサーフェイス・スキャッタリングまで、あらゆるマテリアルを作成することができます。

Texture maps

テクスチャマップまたはV-Rayに組み込まれている多くのプロシージャテクスチャ(グラデーション、温度、トライプラナーなど)のいずれかを使用して、リアルでユニークなシェーダーを作成できます。

Metalness

V-Ray Materialは、Metalness反射コントロールを備えたPBRシェーダーのサポートをしています。

Randomizer

リアルなマテリアル作成するために、テクスチャと色をランダム化するツールを追加しました。VRay UVWRandomizerを使用すると、テクスチャ座標をランダム化でき、繰り返されるテクスチャを自動的に補正するストキャスティックタイリングが行えます。

feature-decals-v-ray5-rhino-sketchup-up2-690x380.jpg
Decals

ユニークな素材をあらゆる形状のオブジェクトに投影し、壁の落書き、道路のマーキング、製品のロゴなどの効果を作成します。

Chaos Scans

1,000以上のスキャンされたマテリアル。 V-Rayで直接インポートしてレンダリングできます。

Atmospheric & volumetric effects

Environment Fog

リアルな大気の深さや靄(もや)を素早く追加したり、リアルな光の散乱を伴う本物の3Dフォグを使用することができます

Aerial perspective

リアルな大気の深さで、自然な空をシミュレートします。

Volumetric materials

光散乱や半透明のリアルなマテリアル。

Geometry management

© Archilime
Proxy geometry

草、木、車などの複雑なオブジェクトのメモリ効率の高いプロキシモデルを使って、プロジェクトをより詳細に表現できます。3ds Max、Rhino、Revitなどの他のアプリケーションからV-Rayシーン(.vrscene)を読み込み、レンダリングできます。

V-Ray Scene Importer

サイズや位置が正しいオブジェクト、適切に配置されたテクスチャ、ライト、プロキシが含まれている、.vrsceneファイルをSketchUpモデルとして直接インポートできます。

Displacement

最適化されたV-Rayディスプレイスメントを使用すると、余分なモデリングなしでサーフェスに詳細をすばやく追加できます。 ディスプレイスメントは、レンガや石などの建築材料に最適です。

Grass

V-Ray Fur を使用して、リアルな草、布地、カーペットを作成します。

Section cuts & Clipper

V-Ray Clipperを使えば、簡単に断面や断面図を作成できます。あらゆるシーンオブジェクトをクリッピングできます。

feature-object-scattering-v-ray5-rhino-sketchup-up2-690x380.jpg
Object scattering

オブジェクトやChaos Cosmosアセットを散りばめて、メモリ効率の良い方法で詳細な地形を作成します。密度、サイズ、方向など、ランダム化に必要なパラメータを使用して、最大限のリアリズムを実現します。

Render Elements

Render Elements

ビューティーパス、ユーティリティーパス、マットパスなど、ユニークなパスが多数用意されており、合成時のレンダリング画像をより自在にコントロールすることができます。

Cryptomatte Render Element

オブジェクトベースまたはマテリアルベースのマスクを自動的に生成して保存します。 ポストプロダクションでオブジェクトを正確に選択する場合に最適です。

Get your free 30 day trial.

全ての機能を備えたトライアル。テクニカルサポート付き。
ChaosEnscape
© 2022 Chaos Software EOOD. All Rights reserved. Chaos®, V-Ray® and Phoenix FD® are registered trademarks of Chaos Software EOOD in Bulgaria and/or other countries.

Your shopping cart

There are no items in your cart.

Continue shopping
MasterCard
Visa
AmEx
JCB
Discover
PayPal