Chaos
プロダクト
Discover V-Ray Collection

All in one

Simulation

Cloud

インダストリーエデュケーションコミュニティ
詳細を見る
ヘルプ

Visit our Help center

ヘルプ

Chaos Help Center


Contact us

リソースギャラリー
Lukas Filip © FlyingArchitecture
Lukas Filip © FlyingArchitecture

V-Ray for Rhino — Key features

無料で始める購入する

レンダリング

リアルタイムレンダリング

V-Ray Visionは、RhinoまたはGrasshopperで作業する人へリアルタイムに設計および改良する機能を提供します。 シーンのリアルタイムビューを表示したり、ライトやカメラを設定したり、マテリアルを適用することができます。 また、Chaos Vantage Live Linkを使用して、複雑なシーンをリアルタイムにレイトレーシングして表示し、デザインを次のレベルに引き上げることができます。

CPU, GPU そしてハイブリッドレンダリング

V-Rayには2つの強力なレンダリングエンジンが搭載されています。プロジェクトのニーズや要件に合わせて、超高速のGPUやCPU、またはハイブリッドレンダリングを選択することができます。

スマート3Dアセット

統合されたアセットライブラリChaosCosmosを使用すると、V-Rayツールバーから直接レンダリング可能なオブジェクト、マテリアル、HDRIスカイを検索してシーンに追加できます。 CosmosアセットはLODと正確なスケールで作られており、Rhino、3ds Max、SketchUp、Revitで使用できます。

Chaos Cosmosの詳細を見る >

デノイザー

ノイズを取り除き、レンダリング時間を劇的に短縮します。 V-Ray Denoiserを使用して、ポストプロダクションで各レンダーエレメントのノイズを除去します。 NVIDIA AI DenoiserとIntel Open Image Denoiseは、V-Ray IPRでノイズのないフィードバックを瞬時に提供します。

インタラクティブレンダリング

デザインしながら、レンダリング。 ライト、マテリアル、カメラを調整すると、すぐに結果を確認できます。 Rhinoビューポートでレンダリングしているときに、ノイズ除去された画像を確認することもできます。

© Matus Nedecky
レンダーエレメント

レイヤーを分けてレンダリングすることで、画像編集ソフトでの表現力を高めることができます。

V-Ray Swarm

V-Rayの新しいシンプルでスケーラブルな分散レンダリングを使用して最大のパワーでレンダリングします。

アニメーション

V-Ray for Rhinoは最適な方法で、光の検討、ターンテーブルやフライスルーアニメーションのレンダリングを可能にします。

ラインレンダリング

ワンクリックで、シーン全体や個別のシェーダに輪郭を適用できます。直感的にコントロールを調整して、思い通りの外観に仕上げることができます。

Chaos Cloud

クラウドレンダリングがワンクリックで行えます。

詳細を見る >

スナップショットとバッチレンダリングの自動化

V-Ray Batchを使用すると、同じプロジェクトのスナップショットや複数のRhinoファイルのビューを一度に簡単にレンダリングできます。

ビューポートレンダリング

V-Ray for Rhinoは最適な方法で、光の検証、ターンテーブルやフライスルーアニメーションのレンダリングを可能にします。

V-Ray for Grasshopper

Straightforward workflow. Power functionality.

モデル化に使用する環境内で視覚化します。 ノードシステムを使用して、5つのノードグループとそのコンポーネントを通じてV-Rayのパワフルな機能を利用します。

Forget baking

生成形状をGrasshopperで直接レンダリングします。 繰り返しながらRhinoでデザインをベイク処理せず、中断することなく作業できます。

リアルタイムレンダリング

Live Linkコンポーネントを追加すると、デザインをリアルタイムに更新できます。Grasshopperでモデリングしながら、Visionを起動してリアルタイムにビジュアライゼーションできます。また、複雑なプロジェクトをChaos Vantageに送って、レイトレースされた純粋なリアルタイムのプレビズを行うことができます。

feature-cosmos-grasshopper-v-ray5-rhino-up2-690x380.jpg
Cosmos inside Grasshopper

すぐ使える3Dコンテンツを直接追加できます。Cosmosコンポーネントは、膨大で増え続ける3Dモデル、マテリアル、HDRIをインポートして管理することができます。

マテリアルのカスタマイズ

Grasshopperモデルにマテリアルを適用する方法は複数あります。 単純なマテリアルオーバーライドを割り当てることも、プリセット、ファイル、またはプロジェクトから選択することもできます。

ライティングのカスタマイズ

V-Ray light をカスタマイズして、現実的なものから様式化されたものに変更します。 多数の光源を簡単に追加して、モデルの最高の姿を見つけることができます。

アニメーション

Grasshopperでアニメーションシーケンスを作成、レンダリング、エクスポートします。 V-Ray GraphおよびTimelineコンポーネントを使用して、太陽またはカメラの動きをアニメーション化します。

ライティング分析

プロジェクトの光強度評価を実行し、視覚化します。

feature-scattering-v-ray5-rhino-up2-690x380.jpg
スキャッタリング

Grasshopperで実物のように配置された環境を作成します。結果は、レンダリング画像として反映されます。

カメラ

V-Ray for Grasshopperには、絞り、シャッタースピード、ISOをコントロールできる実物のようなカメラ、オルソカメラ、ステレオカメラなど、複数のカメラタイプが用意されています。

クリッパー

V-Ray Clipperコンポーネントを使用して、簡単に断面パースをレンダリングできます。

ライティング

Light Gen

手動で設定しなくても、シーンに最適な光源を見つけることができます。 エクステリアまたはインテリア用に何百もの自然光バージョンを自動的に生成します。

ライトミックス

レンダリング終了後、シーン内の光源を簡単に微調整できます。光源をグループ化し明るさと色を調整して、最高のプレゼンテーションを作成できます。

ライトインスタンス

ライトは、アセットエディタで単一のライトとしてインスタンス化および制御できます。

© Gund Partnership
グローバルイルミネーション

V-Rayの強力で高速なグローバルイルミネーションを使用して、リアルな部屋やインテリアをレンダリングします。

© Federico Fernandez
正確なライティング

さまざまなビルトインライトタイプの自然光や人工照明を使用してレンダリングできます。 Adaptive Lights modelは、多くの光源があるシーンのレンダリング時間を大幅に短縮するのに役立ちます。

イメージベースライティング

1つのHDRIをシーンに照らすことで、より速く、よりきれいで、より正確なイメージベースの照明を実現します。アダプティブドームライトを使用すれば、インテリア用にポータルライトをセットアップする必要がなくなります。

Sun & Sky

時間や場所を問わず、リアルな昼光をレンダリングできます。美しい夕焼けや朝日を視覚化したり、太陽の位置をコントロールして芸術的な効果を最大限に引き出すことができます。

ライティング分析ツール

このツールを使用すると、任意のシーンの実際のイルミネーション(Lux)値を簡単に視覚化できます。

UI

スマートアセットエディター

ライト、マテリアル、テクスチャ、ジオメトリ、レンダーエレメントなど、すべてのアセットを1か所で作成、編集、管理できます。 すべてのアセットは、わかりやすいフォルダー構造で構成されています。

ファイルマネージャー

すべてのシーンファイルを1か所で管理します。 ファイルパスを設定し、シーンアーカイブを作成し、テクスチャ、IESファイル、プロキシオブジェクトなどのアセットを管理します。

カラーピッカー

RGBカラー値と対応するケルビン温度スライダーを提供する強力なカラーピッカーを使用すると、すべてのカラースロットの温度値を保存および変更できます。

フレームバッファー

V-Ray Frame Buffer が一新され、色補正や合成などの後処理タスクを直感的に処理できるようになりました。

正確なビューポートプレビュー

反射、屈折、バンプマップなど、Rhinoビューポートでマテリアルの正確なプレビューを確認できます。

スクリプトで強化

RhinoScriptとPythonを使用してプログラムすれば、シーン管理の自動化やUIに表示されないパラメータへのアクセスなど、さらに多くのことができるようになります。

ユニバーサルホームアセットプレビュー

マテリアル、ライト、テクスチャ、レンダリングエレメントを1つのビューアでプレビューできます。パラメーターの変更が、アセットの種類に応じた見た目を確認できます。

テクスチャーインスタンス

複数のマテリアルパラメータを同じソーステクスチャでマッピングすることで、シェーダの構造と管理を簡素化。

カメラ

Real-world cameras

露出、ホワイトバランス、被写界深度を制御して、写真家のような操作ができます。

バーチャルリアリティ

一般的なヘッドセットでVRコンテンツを楽しめます。

© Matus Nedecky
インタラクティブレンズエフェクト

GPUで加速されたグレア、ブルーム、およびプロシージャルに生成されたほこりやスクラッチを即座に追加して、フォトリアリズムを与えます。 レンダリング中にレンズ効果をインタラクティブに微調整します。

自動露出とホワイトバランス

いつも完全な露出でキャプチャします。 新しい自動露出と自動ホワイトバランスを使用すれば、コンデジと同じくらい簡単に設定できます。

マテリアルとテクスチャー

© Travis Serio
フィジカルマテリアル

実物と同じように見える見栄えの良いマテリアルを作成します。

プロシージャルマテリアル

UVアンラッピングを必要としないプロシージャルテクスチャでNURBSモデルを簡単にテクスチャリングします。

© Robert Juchnevic
ネイティブマテリアルサポート

RhinoマテリアルをV-Rayシェーダー用に変換せずにレンダリングできます。

マテリアルライブラリー

膨大な数の高解像度マテリアルをオンデマンドでダウンロードできます。 ドラッグアンドドロップするだけで、モデルにリアルなテクスチャを即座に反映することができます。

© Robert Juchnevic
マテリアル Metalness

V-Ray Materialは、Substance DesignerなどのアプリケーションのPBRマテリアルとの互換性を高めるために、メタリック反射(Metalness)のネイティブサポートを追加しました。

マテリアル Coat

素材に反射コーティングを追加して、ニス塗りの木材やメタリックペイントなどの効果を実現します。

マテリアル Sheen

ベルベット、シルク、サテンなどの光沢のある生地を表現できます。

ランドマイザー

新しいUVW配置ランダム化オプションを使用すると、テクスチャ座標をランダム化してパターンを修正し、リアルなマテリアルを実現できます。

風化と汚し

汚しをすばやく追加し、その広がりの量と位置を制御できます。

feature-decals-v-ray5-rhino-sketchup-up2-690x380.jpg
デカール

マテリアルをあらゆる形状のオブジェクトに投影し、壁の落書き、道路のマーキング、製品のラベルなどの効果を表現できます。

Atmospheric & volumetric effects

新しいリアルな3Dフォグと光散乱効果でシーンに奥行きを与えます。

空気遠近法

リアルな大気効果で画像に奥行きを加えます。

© Flying Architecture
Volumetric materials

リアルな素材の光散乱と半透明。

ジオメトリマネージメント

プロキシオブジェクト

プロキシモデルを使って、草、木、車などの非常に複雑なオブジェクトを追加します。 アニメーション化されたV-Ray Proxyを使用すれば、事前にアニメーション化された3Dオブジェクトを簡単に追加できます。

プロキシプレビュー

RhinoビューポートでV-Ray Proxyの見た目を選択できます。 メッシュ全体、バウンディングボックス、ポイント(原点)、カスタムプレビュー、および新しい低ポリゴンプロキシプレビューモードから選択します。

Displacement

シーン内の単一のオブジェクトまたはグループ全体にサーフェスの詳細をすばやく適用します。 追加のモデリングを必要とせずに、レンガや石などのマテリアルが表現できます。

グラスと毛皮

V-Ray Furを使用して、リアルな草、布地、カーペットを作成できます。

セクションカット

V-Rayクリッパーで素早く断面図をレンダリングします。

feature-object-scattering-v-ray5-rhino-sketchup-up2-690x380.jpg
オブジェクトスキャッタリング

オブジェクトやChaos Cosmosアセットを散りばめて、メモリ効率の良い方法で詳細な地形を作成します。密度、サイズ、方向など、ランダム化に必要なパラメータを使用して、最大限のリアリズムを実現します。

V-Rayシーンのインポートとエクスポート

3ds Max、Revit、SketchUpなど他のアプリケーションのV-Rayシーンをインポートしてレンダリングしたり、レンダリング可能なV-Ray for Rhinoファイルを共有することができます。

30日間の無料トライアルをお試しいただけます。

全ての機能を備えたトライアル。テクニカルサポート付き。
ChaosEnscape
© 2022 Chaos Software EOOD. All Rights reserved. Chaos®, V-Ray® and Phoenix FD® are registered trademarks of Chaos Software EOOD in Bulgaria and/or other countries.

Your shopping cart

There are no items in your cart.

Continue shopping
MasterCard
Visa
AmEx
JCB
Discover
PayPal