Chaos
プロダクト

Expand your creative universe.

Chaos Ecosystemを見る

All in one

Cloud

Simulation

インダストリーエデュケーションコミュニティ
Partners in Art 詳細を見る
ヘルプ

Visit our Help center

ヘルプ

Chaos Help Center


リソースギャラリー
whats-page-V-Ray_5_for_Houdini__update_2-1920x400.jpg
whats-page-V-Ray_5_for_Houdini__update_2-1920x400.jpg

V-Ray 5 for Houdini, update 2

V-Ray for Solaris and Houdini 19 support.
無料で始める購入する

See what's new in V-Ray 5 for Houdini, update 2. 

Houdiniでお気に入りのレンダラーを利用することができ、使い慣れた機能に加えて重要なアップデートが多数あります。V-Ray 5, update 2には、Solaris用のフル機能のV-Ray Hydra delegateとHoudini 19のサポートが含まれています。また、新しいV-Ray Decalを活用して、ステッカー、ラベル、クラック、ステイン、スクラッチなどをプロジェクトに簡単に追加できます。さらに、最新のヘア改良により、ブロンド、グレー、ホワイト、その他の明るいヘアカラーをより正確にレンダリングできるようになりました。

Simplified workflow and ultimate creative control.

feature-thumb-Solaris-V-Ray_5_for_Houdini__update_2-690x380.jpg
V-Ray for Solaris

V-Ray 5, Update 1では、HoudiniにV-Ray Hydra delegateが導入されました。このアップデートでは、AOV、ボリューメトリック効果、およびHuskを介したHydra delegateによるバッチレンダリングのサポートが追加されました。また、多くの機能とスピードの改善も実装されています。

feature-thumb-Support-V-Ray_5_for_Houdini__update_2-690x380.jpg
Houdini 19 support

Houdini 19では、レイアウトとレンダリングに関する多くのワークフローの改善が導入され、V-Rayで完全にサポートされるようになりました。

feature-thumb-Decal-V-Ray_5_for_Houdini__update_2-690x380.jpg
V-Ray Decal

下地のマテリアルを変更したり、UVを追加することなく、どんな表面にもデカールを貼ることができます。新しいV-Ray Decalでは、ステッカー、ラベル、ひび割れ、汚れ、傷などを簡単に追加することができます。

feature-thumb-Texture_A-V-Ray_5_for_Houdini__update_2-690x380.jpg
Enhanced V-Ray Curvature Texture

V-Ray Curvature Textureの最新アップデートでは、凸部と凹部の個別コントロールが追加されました。バンプマップを無視する新しいオプションにより、curvature maskの精度がさらに向上しました。

feature-thumb-Atmospheric_Light-V-Ray_5_for_Houdini__update_2-690x380.jpg
Atmospheric light contribution control

新たに追加されたライティングコントロールにより、個々の照明が周囲の霧をどの程度照らすかを簡単に調整することができます。

feature-thumb-Hair_Material-V-Ray_5_for_Houdini__update_2-690x380.jpg
Hair improvements

V-Ray Next Hair Materialのアップデートにより、ブロンド、グレー、ホワイト、その他の明るい髪色をより正確にレンダリングできるようになりました。

Boosted performance in just a few steps.

Enhanced ACEScg support

アップデートされたUIで、よりシンプルにOCIOのセットアップが可能になりました。また、色空間転送機能に「自動」オプションを追加し、シェーディングネットワーク構築時の手間を軽減しました。

VDB to AUR converter

Chaos PhoenixのAuraファイルがV-Rayで高速にレンダリングされます。新しいノードにより、VDBからAuraへの変換をHoudini GUI上で簡単に実行できるようになりました。

Alembic workflow updates

新たに追加されたPatternIDテクスチャは、Alembicファイルを扱う際のマテリアルの割り当てを簡素化するものです。また、大量のAlembicファイルを含むシーンのエクスポートや、NUMAマシンでのAlembicファイルのレンダリングが高速化されました。

MakeTX utility

MakeTXツールを使って、テクスチャを".tx "ファイルに簡単に変換し、レンダリング時に1タイルずつ読み込むことができます。これにより、テクスチャの読み込みが早くなり、メモリ消費量が減り、レンダリングが速くなります。

Multiple cameras export

カメラアングルごとに別々の.vrsceneファイルを書き出す必要がなくなりました。複数のカメラを1つの.vrsceneファイルに保存できるようになったので、重いシーンでも時間を節約できます。

V-Ray Scene Material import and unpacking updates

.vrscenesのアンパッキングがより速くなりました。Autodesk Maya や 3ds Max などの他の DCC から来る .vrscenes を介したマテリアル インポートに対応するシェーディング ノードの量を更新しました。

V-Ray 5 for Houdini, update 2のすべての改良点については、ドキュメントページをご覧ください >。 

30日間の無料トライアルをお試しください。

全ての機能を利用可能。テクニカルサポート付き。
ChaosEnscapeCylindo
© 2023 Chaos Software EOOD. All Rights reserved. Chaos®, V-Ray® and Phoenix FD® are registered trademarks of Chaos Software EOOD in Bulgaria and/or other countries.

Your shopping cart

There are no items in your cart.

Continue shopping
MasterCard
Visa
AmEx
JCB
Discover
PayPal