Chaos
プロダクト

Expand your creative universe.

Chaos Ecosystemを見る

All in one

Cloud

Simulation

インダストリーエデュケーションコミュニティ
詳細を見る
ヘルプ

Visit our Help center

ヘルプ

Chaos Help Center


Contact us

リソースギャラリー
© Thomas Klyhn Christensen
© Thomas Klyhn Christensen

V-Ray for Houdini — 主な機能

無料で始める購入する

Rendering

High-performance ray tracing

ハイエンドプロダクションに応えるCPUとGPUでアクセラレートされたパワフルなレンダリングを実現します。

Volume rendering

HoudiniのネイティブボリュームとOpenVDBキャッシュを高速かつ正確にレンダリングします。

Multi-GPU production rendering

GPUバケットレンダリングは、高速なマルチGPUパフォーマンスとCryptomattesをサポートしています。

Unified Workflow for Custom Attributes

User Color nodeでジオメトリ(スプライン、パーティクルを含む)のカスタム属性を制御します。

Interactive Rendering

Houdiniのレンダービューでインタラクティブなルックデブがサポートされました。

Debug Shading

IPR機能の大規模なシェーディングネットワークのデバッグするために、テクスチャとマテリアルを分離できます。

Chaos Cloud rendeirng

ワンクリックでChaos Cloudでレンダリングできるシンプルなソリューションです。

Chaos Cloudの詳細を見る >

Progressive caustics

プログレッシブコースティックスで、光が反射面や屈折面とどのように相互作用するかをシミュレートし、レンダリングに新しいレベルのリアリズムを提供します。プリパスは不要、設定は簡単です。

Simplified ACEScg workflow

ACEScgを有効にすると、V-Ray 5は追加のノードなしで、テクスチャの色や光温度などを正しい色空間に自動的に変換することができます。

Lighting

© Daniel Kho
Adaptive Lights

数百、数千の照明があるシーンで超高速レンダリングを可能にします。

© Aardman
Global Illumination

V-Ray独自のLight CacheとブルートフォースのGIで、間接照明を高度に最適化。

Light Instances

インスタンスライトは、ライトリンクの設定に影響を与えることなく、インスタンスごとのライトパラメータを完全に制御することができます。

Materials

V-Ray Material Library

金属、ガラス、木材など、500種類以上のレンダリング用マテリアルを効率的に閲覧することができます。

Material Stylesheets

グループ、バンドル、属性に基づくマテリアルオーバーライド*をサポート。

*VEXやテクスチャーのランダム化などのプリミティブな文字列のオーバーライドはまだサポートされていません。

V-Ray Scene Material Overrides

V-Rayのシーンファイルからマテリアルノード階層を自動的にインポートし、Houdiniで変更することができます。

Physical Hair

V-Ray Physical Hairマテリアルを使用して、正確なハイライトを持つリアルな髪を表現できます。

*現在、SOPジオメトリとしてヘアーをサポートしています。

PBR Materials

標準のV-Rayマテリアルは、PBRシェーダーワークフローのメタルネス反射値をサポートしています。

Alsurface Material

SSSコントロールを内蔵した物理ベースのシェーダは、リアルな肌のレンダリングとして人気があります。

GPU Material Assignments

プリミティブ単位のマテリアルアサインがGPUでサポートされ、アーティストはスタイルシートとマテリアルSOPを利用できるようになりました。

Chaos Scans Material Library Support

1,000種類以上の超リアルなスキャンマテリアルをすぐにインポートしてレンダリングできます。

Chaos Scansの詳細を見る >

Coat Layer

V-Ray Materialで直接反射コーティングを追加することで、より速く、より効率的にレンダリングすることができます。

Sheen Layer

新しいV-Rayマテリアルの光沢オプションで、ベルベット、サテン、シルクなどのソフトなマイクロファイバー素材をレンダリングできます。

New translucent materials

V-Rayマテリアルは、新しい半透明度コントロールとビルトインのボリューメトリックランダムウォークサブサーフェススキャッタリングを追加し、アップグレードされました。

Textures

Texture Baking

ゲームアセットやリアルタイム環境のライティングやマテリアルの情報を含んだテクスチャマップを作成することができます。

Randomized Textures and Colors

よりリアルなテクスチャやマテリアルには、新しいVRayUVWRandomizerマップと改良されたVRayMultiSubTexコントロールを使用して、多様性と微妙な欠損を表現できます。

Custom Attribute Texture Paths

テクスチャのランダム化がより簡単になり、面単位、プリミティブ単位の文字列属性がサポートされました。

Chaos Phoenix Foam Shader

リアルな泡や気泡を短時間でレンダリングできます。Phoenix Foam ShaderでWhitewaterレンダリングをスピードアップ。

Stochastic Texture Tiling

VRayUVWRandomizerの新しいStochastic tilingオプションで、テクスチャーのタイリングのアーティファクトを自動的に除去します。

Dirt and Weathering

サーフェイスを風化したように表現できます。改良されたV-Ray Dirtテクスチャを使用すると、亀裂や隙間に汚れを追加したり、プロシージャルの筋を作成したり、表面全体を覆ったりすることができます。

New Sun and Sky Model

新しいSun & Sky解析モデルは、より正確で、日の出と日の入りのライティングを改善することができます。

Blue-noise sampling

ブルーノイズは、同じサンプル数でノイズが少ないことを示します。レンダリングの解像度が上がると、被写界深度やモーションブラーが少ないサンプル数でより滑らかに表示されます。

Geometry

V-Ray Scene Exchange

Mayaや3ds Maxなどの他のアプリケーションからV-Rayシーンのプロパティを転送し、上書きすることができます。

Instancing

Packed Primitive、Instancer、"instancepath "属性を使用して、任意のオブジェクトタイプ(ボリュームを含む)のインスタンスを作成します。

Packed Primitives

レンダリング時のインスタンス化のために、Houdiniのネイティブパックプリミティブを効率的に処理します。

Alembic Support

HoudiniのネイティブなAlembicレイヤー、トランスフォーム、インスタンス化、オブジェクトごとのマテリアルオーバーライドをサポートします。

Particles

カラー、アルファ、パーティクルサイズなどのシェーダパラメータが、ポイント単位のカスタムアトリビュートで動作します。

V-Ray Fur

V-Ray Furでリアルな毛皮や髪を高速にレンダリング。

VRscene Unpacking

他のDCCツールからアセットを直接インポートすることができ、マテリアルの再構築が不要です。

Faster Time to First Pixel

ジオメトリのエクスポートが高速化され、レンダリングの起動が速くなりました。

Massive Instancing

大規模階層オブジェクトの効率的なメモリのインスタンス化。

Atmospheric & volumetric effects

Environment Fog

霧や大気中の塵などの効果をすばやくシミュレートできます。

Aerial Perspective

物体が遠くに消えていくような、自然な雰囲気の奥行きを表現できます。

Volume Instancing

ボリューメトリックエフェクトのインスタンス化に対応しました。

Fog transparency color

水中シーンに最適で、ボリューム環境フォグの透明色を簡単に着色できるようになりました。

Render elements

Render Elements

任意のライトのセット(ワイルドカード選択を含む)を個別のレンダーエレメントとしてレンダリングすることができます。

Light Select Render Element

ビューティーパス、ユーティリティーパス、マットパスなど多彩なレンダリングで、コンポジットにおける完全なコントロールを実現します。

Custom AOVs

カスタムレンダーエレメントへのテクスチャとプロシージャルマップのエクスポートがよりスムーズになりました。

Light Path Expressions

コンポジットの際、コントロール性を高めるため、独自のレンダーパスを構築。プリセットやカスタム表現を使って、特定の光源を出力することができます。

Post-processing

Light Mix

ライトミックスの設定を保存し、レイヤーをcompに送信して、シーン内のライトを更新することで、再度レンダリングすることなく、簡単に異なる照明シナリオを作成できます。

Layer Compositor

VFBの新しいレイヤーコンポジターを使えば、レンダーパスの結合、ブレンドモードの設定、色の調整など、画像の微調整をすべてV-Ray内で行うことができます。

Masks in the V-Ray Frame Buffer

再レンダリングせずに画像の微調整が可能です。レンダーエレメントを使用して、レンダリングした画像にピクセル単位で完璧な調整を加えることができます。

30日間無料でお試しいただけます

全ての機能を利用可能。テクニカルサポート付き。
ChaosEnscape
© 2022 Chaos Software EOOD. All Rights reserved. Chaos®, V-Ray® and Phoenix FD® are registered trademarks of Chaos Software EOOD in Bulgaria and/or other countries.

Your shopping cart

There are no items in your cart.

Continue shopping
MasterCard
Visa
AmEx
JCB
Discover
PayPal