Chaos
建築

インダストリーソリューション

弊社のEcosystemをご覧ください

製品

メディア&エンターテインメント

インダストリーソリューション

弊社のEcosystemをご覧ください

製品

製品&Eコマース

インダストリーソリューション

弊社のEcosystemをご覧ください

製品

教育&コミュニティヘルプ

Chaosヘルプセンター


vfx-white-50x50_(2).svg
2月28日にChaos Unboxedライブにご参加ください! 2024年に何が出て来るかご覧ください。
詳細を見る
© Thomas Klyhn Christensen
© Thomas Klyhn Christensen

V-Ray for Houdini — 主な機能

無料で始める購入する

Rendering

High-performance ray tracing

ハイエンドプロダクションに応えるCPUとGPUでアクセラレートされたパワフルなレンダリングを実現します。

Volume rendering

HoudiniのネイティブボリュームとOpenVDBキャッシュを高速かつ正確にレンダリングします。

Multi-GPU production rendering

GPUバケットレンダリングは、高速なマルチGPUパフォーマンスとCryptomattesをサポートしています。

Unified Workflow for Custom Attributes

User Color nodeでジオメトリ(スプライン、パーティクルを含む)のカスタム属性を制御します。

release-thumb-maya-usd-690x380-backup.jpg
USDサポート

HoudiniのSolaris内部でUSDファイル形式をフルサポートしているため、Autodesk Mayaや3ds MaxからHoudiniへ、またその逆もシームレスにデータを交換することができます。使用するソフトウェアに関係なく、アセットが同じように見えるため、手動で変換することなくスムーズなコラボレーションが可能になります。

詳細を見る>

feature-thumb-Solaris-V-Ray_5_for_Houdini__update_2-690x380.jpg
V-Ray for Solaris

フル機能を備えたV-Ray Hydraデリゲートでより効率的なコラボレーションを実現します。V-Ray 6では、Houdini 19.5の最新のSolaris lookdev、レイアウト、およびライティング機能のサポートが追加されました。

feature-thumb-cosmos-library-v-ray6-houdini-690x380.jpg
レンダリングレディコンテンツ

高品質なV-Rayコンテンツの無料ライブラリ、Chaos Cosmosであなたのシーンに息吹を吹き込みましょう。高解像度マテリアル、美しいHDR環境、植物、木、茂みなどのレンダリング可能な3Dモデルを集めたChaos Cosmosは、あなたの次のプロジェクトに最適なリソースとなるはずです。

Chaos Cosmosをもっと知る>

feature-thumb-ocean-rendering-v-ray6-houdini-690x380.jpg
オーシャンレンダリング

Houdiniのオーシャンツールのネイティブサポートにより、完璧な海の波を作成できます。いままで以上に、Houdiniの海をより速く、テクスチャベイクなしでレンダリングできるようになりました。

ACEScg_690x380_maya_5.jpg
ACEScgカラーマネージメント

色に忠実なワークフローのために、ACEScgはプロフェッショナルな制作のための新しい基準となっています。ACEScgを有効にすると、V-Rayはテクスチャ、光温度、太陽と空などの色を正しい色空間に自動的に変換します。

© Thomas Klyhn Christensen
Interactive Rendering

Houdiniのレンダービュー内でインタラクティブなルックデベロップメントで時間を節約。その場でレンダリングされたシーンの変更を確認できます。待つことなく、思い通りのルックを作成できます。

© The Scope
Chaos Cloud rendeirng

ボタンをクリックするだけで、V-Ray for Houdiniのユーザーインターフェースから直接、クラウド上でレンダリングできます。ライセンスやシーンのアップロードから仮想マシンの起動まで、すべてが自動的に処理されるため、作業を迅速に完了することができます。

Chaos Cloudの詳細を見る >

feature-v-ray5-maya-up1-material-library-690x380.jpg
V-Ray profiler

シェーダとボリュームの計算、シーンのエクスポート、ジオメトリとディスプレイスメントのコンパイル、ビットマップの読み込みなどに費やされた時間のレポートを入手できます。シーン内のすべてのホットスポットを特定し、パイプラインを最適化してレンダリングをさらに高速化。

Progressive caustics

プログレッシブコースティックスで、光が反射面や屈折面とどのように相互作用するかをシミュレートし、レンダリングに新しいレベルのリアリズムを提供します。プリパスは不要、設定は簡単です。

Lighting

© Daniel Kho
Adaptive Lights

数百、数千の照明があるシーンで超高速レンダリングを可能にします。

© Aardman
Global Illumination

V-Ray独自のLight CacheとブルートフォースのGIで、間接照明を高度に最適化。

Light Instances

インスタンスライトは、ライトリンクの設定に影響を与えることなく、インスタンスごとのライトパラメータを完全に制御することができます。

feature-thumb-procedural-clouds-v-ray6-houdini-690x380.jpg
プロシージャルクラウド

HDRI ライブラリを何時間もかけてブラウズすることなく、環境に適した雲を作成することができます。V-Ray Sun and Skyの新しいプロシージャル雲システムにより、完璧な外観を実現し、シンプルでメモリ効率の良い方法で雲をアニメーション化し、印象的なタイムラプスを作成することができます。

release-thumb-maya-light-690x380.jpg
Custom Light Decay

距離を移動する光の放射をコントロールできます。ホットスポット、光強度、光線の広がり、長さ、その他の要素を操作できるため、あらゆるライティング効果を実現する創造的な自由が得られます。

feature-thumb-Finite_Dome_light_mode-houdini-690x380.jpg
ファイナイトドームライトモード

V-Ray ドームライトの新しい、より柔軟な地面投影機能で、HDRI 環境レンダリングを向上させましょう。ライトのスケールを設定し、新しいファイナイトドームライトモードでブレンド設定を完全に制御することができます。

feature-thumb-Atmospheric_Light-V-Ray_5_for_Houdini__update_2-690x380.jpg
大気光コントリビューションコントロール

新たに追加されたライティングコントロールにより、個々の照明が周囲の霧をどの程度照らすかを簡単に調整することができます。

Feature_18_690x380_v5_cinema_4d_1.jpg
新しいサン&スカイモデル

新しいSun & Sky解析モデルは、より正確で、日の出と日の入りのライティングを改善することができます。

Materials

Material Stylesheets

グループ、バンドル、属性に基づくマテリアルオーバーライド*をサポート。

*VEXやテクスチャーのランダム化などのプリミティブな文字列のオーバーライドはまだサポートされていません。

V-Ray Scene Material Overrides

V-Rayのシーンファイルからマテリアルノード階層を自動的にインポートし、Houdiniで変更することができます。

Physical Hair

V-Ray Physical Hairマテリアルを使用して、正確なハイライトを持つリアルな髪を表現できます。

*現在、SOPジオメトリとしてヘアーをサポートしています。

PBR Materials

標準のV-Rayマテリアルは、PBRシェーダーワークフローのメタルネス反射値をサポートしています。

Alsurface Material

SSSコントロールを内蔵した物理ベースのシェーダは、リアルな肌のレンダリングとして人気があります。

GPU Material Assignments

プリミティブ単位のマテリアルアサインがGPUでサポートされ、アーティストはスタイルシートとマテリアルSOPを利用できるようになりました。

Chaos Scans Material Library Support

1,000種類以上の超リアルなスキャンマテリアルをすぐにインポートしてレンダリングできます。

Chaos Scansの詳細を見る >

feature-thumb-thin-film-layer-_-690x380.jpg
Thin Film layer

V-Rayマテリアルの新しい薄膜オプションで、リアルなシャボン玉やオイルの流出などを作成できます。

Coat Layer

V-Ray Materialで直接反射コーティングを追加することで、より速く、より効率的にレンダリングすることができます。

Sheen Layer

新しいV-Rayマテリアルの光沢オプションで、ベルベット、サテン、シルクなどのソフトなマイクロファイバー素材をレンダリングできます。

New translucent materials

V-Rayマテリアルは、新しい半透明度コントロールとビルトインのボリューメトリックランダムウォークサブサーフェススキャッタリングを追加し、アップグレードされました。

Textures

Texture Baking

ゲームアセットやリアルタイム環境のライティングやマテリアルの情報を含んだテクスチャマップを作成することができます。

Randomized Textures and Colors

よりリアルなテクスチャやマテリアルには、新しいVRayUVWRandomizerマップと改良されたVRayMultiSubTexコントロールを使用して、多様性と微妙な欠損を表現できます。

Custom Attribute Texture Paths

テクスチャのランダム化がより簡単になり、面単位、プリミティブ単位の文字列属性がサポートされました。

Chaos Phoenix Foam Shader

リアルな泡や気泡を短時間でレンダリングできます。Phoenix Foam ShaderでWhitewaterレンダリングをスピードアップ。

Stochastic Texture Tiling

VRayUVWRandomizerの新しいStochastic tilingオプションで、テクスチャーのタイリングのアーティファクトを自動的に除去します。

Dirt and Weathering

サーフェイスを風化したように表現できます。改良されたV-Ray Dirtテクスチャを使用すると、亀裂や隙間に汚れを追加したり、プロシージャルの筋を作成したり、表面全体を覆ったりすることができます。

Blue-noise sampling

ブルーノイズは、同じサンプル数でノイズが少ないことを示します。レンダリングの解像度が上がると、被写界深度やモーションブラーが少ないサンプル数でより滑らかに表示されます。

Bump to Glossiness

スキンシェーディングのワークフローを高度化し、より自然でリアルな肌の質感を実現。見る距離に関係なく、ノーマルマップ・サーフェスの適切な光沢を簡単に実現し、キャラクタの肌の過剰な光沢に別れを告げよう!

Geometry

V-Ray Scene Exchange

Mayaや3ds Maxなどの他のアプリケーションからV-Rayシーンのプロパティを転送し、上書きすることができます。

Instancing

Packed Primitive、Instancer、"instancepath "属性を使用して、任意のオブジェクトタイプ(ボリュームを含む)のインスタンスを作成します。

Packed Primitives

レンダリング時のインスタンス化のために、Houdiniのネイティブパックプリミティブを効率的に処理します。

Alembic Support

HoudiniのネイティブなAlembicレイヤー、トランスフォーム、インスタンス化、オブジェクトごとのマテリアルオーバーライドをサポートします。

feature-thumb-v-ray-decal-displacement-v-ray6-3dsmax-690x380-2.jpg
V-Ray Decal

下地のマテリアルを変更したり、UVを追加することなく、あらゆるサーフェスにデカールを適用することができます。新しいV-Ray デカールでは、ステッカー、ラベル、ひび割れ、汚れ、傷などを簡単に追加することができます。変位を追加すれば、さらにリアルな仕上がりになります。

feature-thumb-enmesh-v-ray6-houdini-690x380.jpg
V-Ray Enmesh

最もメモリ効率の良い方法で、オブジェクトのサーフェス全体にジオメトリを繰り返し配置できます。数クリックで、複雑なチェーンメール、車のグリル、金属グリッド、パネル、フェンス、布地など、ディテールに富んだ複雑なサーフェスを、ジオメトリがテクスチャであるかのように作成することができます。

Particles

カラー、アルファ、パーティクルサイズなどのシェーダパラメータが、ポイント単位のカスタムアトリビュートで動作します。

V-Ray Fur

V-Ray Furでリアルな毛皮や髪を高速にレンダリング。

VRscene Unpacking

他のDCCツールからアセットを直接インポートすることができ、マテリアルの再構築が不要です。

Massive Instancing

大規模階層オブジェクトの効率的なメモリのインスタンス化。

Atmospheric & volumetric effects

Environment Fog

霧や大気中の塵などの効果をすばやくシミュレートできます。

Aerial Perspective

物体が遠くに消えていくような、自然な雰囲気の奥行きを表現できます。

Volume Instancing

ボリューメトリックエフェクトのインスタンス化に対応しました。

Fog transparency color

水中シーンに最適で、ボリューム環境フォグの透明色を簡単に着色できるようになりました。

Render elements

Render Elements

任意のライトのセット(ワイルドカード選択を含む)を個別のレンダーエレメントとしてレンダリングすることができます。

Light Select Render Element

ビューティーパス、ユーティリティーパス、マットパスなど多彩なレンダリングで、コンポジットにおける完全なコントロールを実現します。

Custom AOVs

カスタムレンダーエレメントへのテクスチャとプロシージャルマップのエクスポートがよりスムーズになりました。

Light Path Expressions

コンポジットの際、コントロール性を高めるため、独自のレンダーパスを構築。プリセットやカスタム表現を使って、特定の光源を出力することができます。

Post-processing

Light Mix

ライトミックスの設定を保存し、レイヤーをcompに送信して、シーン内のライトを更新することで、再度レンダリングすることなく、簡単に異なる照明シナリオを作成できます。

Layer Compositor

VFBの新しいレイヤーコンポジターを使えば、レンダーパスの結合、ブレンドモードの設定、色の調整など、画像の微調整をすべてV-Ray内で行うことができます。

Masks in the V-Ray Frame Buffer

再レンダリングせずに画像の微調整が可能です。レンダーエレメントを使用して、レンダリングした画像にピクセル単位で完璧な調整を加えることができます。

30日間無料でお試しいただけます

全ての機能を利用可能。テクニカルサポート付き。
Chaos
© 2023 Chaos Software EOOD. All Rights reserved. Chaos®, V-Ray® and Phoenix FD® are registered trademarks of Chaos Software EOOD in Bulgaria and/or other countries.