Chaos
プロダクト

Expand your creative universe.

Chaos Ecosystemを見る

All in one

Cloud

Simulation

インダストリーエデュケーションコミュニティ
Partners in Art 詳細を見る
ヘルプ

Visit our Help center

ヘルプ

Chaos Help Center


リソースギャラリー
© Dabarti Studio
© Dabarti Studio

V-Ray for 3ds Max — Key features

無料で始める購入する

レンダリング

© Dabarti Studio
CPU and GPU Rendering

ハイエンドプロダクションの要求に応えるために構築されたパワフルなCPUおよびGPUレンダリング。V-Ray GPU CUDAは、CPUとGPUの両方でレンダリングを行い、すべてのハードウェアを最大限に活用します。

Denoising

V-RayおよびNVIDIA AI Denoiserで、ノイズを自動的に除去しレンダリング時間を短縮します。

© Mondlicht Studios
Chaos Cloud

ボタンを押すだけで、直接クラウドレンダリングできます。
詳細を見る >

feature-v-ray5-3dsmax-up2-cosmos-materials-690x380.jpg
Ready-to-render assets

V-Rayの統合アセットライブラリChaos Cosmosは、すぐに利用可能なモデル、マテリアル、HDRIスカイを、V-Rayツールバーから直接シーンに追加することができます。Cosmosアセットには、自動的に詳細で正確なスケールがあり、3ds Max、Rhino、Revitで使用することができます。
詳細を見る >

Resumable Rendering

いつでもレンダリングを中止して、再開することができます。
詳細を見る(英語) >

Debug Shading

V-RayIPRおよびV-RayGPU IPRはテクスチャ、マテリアル、ジオメトリを分離して大規模なシェーディングネットワークをデバッグするのに役立ちます。
ビデオを見る (英語) >

Native ACEScg support

テクスチャ、分散、太陽と空、および光温度の色の自動色空間調整を使用してレンダリングするために、業界標準のACEScgを選択します。

Intel® Open Image Denoise

インタラクティブなレンダリングに最適なIntel® Open Image Denoiseは、ノイズをすばやく除去します。どんなマシンでも実行できます。

Progressive caustics

V-Rayの新しい漸進的に計算されたコースティクスは、より短い時間で実世界の反射と屈折を実現します。 事前に計算されたフォトンマップを必要とせずに、セットアップが簡単になります。

ライティング & イルミレーション

v-ray-max-6-procedural-clouds-690x380.png
Procedural clouds

V-Ray Sun and Sky の新しいプロシージャルクラウドシステムにより、数回のクリックであなたの環境にぴったりの曇り空を作り出せます。部分的な曇りからどんよりした曇りまで、さまざまな雲の種類と天候を簡単にシミュレートできます。リアルな静止画や、ダイナミックなタイムラプスをレンダリングできます。

V-Ray_5_3ds_Max_Feature_Dome_Light_690x380.jpg
Multiple additive Dome Lights

複数のドームライトを同時にレンダリングできるようになりました。 Light Mixにより、結果の微調整がより簡単になります。

feature-thumb-finite-dome-v-ray6-3dsmax-690x380-3.jpg
Finite dome light mode

V-Ray ドームライトの新しい、より柔軟なグランドプロジェクション機能で、HDRI 環境レンダリングを向上させましょう。ドームライトのスケールを設定し、新しいファイナイトモードを使用してブレンド設定を完全に制御できます。

Adaptive Lights

多くのライトと画像ベースの環境照明を含むシーンで、より速く、よりクリーンで、より正確にレンダリングします。

feature-v-ray5-3dsmax-up2-v-ray-instancer-690x380.jpg
V-Ray Instancer lights distribution

シーン内のライトを分散させる、より多彩な方法。あらゆる種類のパーティクルシステムをベースにしたライトのインスタンス化。

feature-v-ray5-3dsmax-up2-atmospheric-light-690x380.jpg
Atmospheric light contribution control

ライティングセットアップをスピードアップするコントロールの向上。個々の照明が周囲の霧をどの程度照らすかを簡単に調整できます。

Lighting Analysis tools

照明分析ツールを使用して、シーンの光レベルを正確に測定します。
詳細を見る (英語) >

© Double Aye
Accurate Lights

さまざまな種類の照明で、あらゆる種類の自然照明、人工照明、またはイメージベースド照明をシミュレートします。

Global Illumination

グローバルイルミネーションでは、精度に応じた設定を選択できます。

カメラエフェクト

Lens Effects

ブルームやグレア、ほこりやスクラッチなど、実在するカメラレンズの効果を高速かつ正確にシミュレーションできます。レンダリング中にレンズ効果をインタラクティブに微調整することができます。

© Tonic CGI
Point & Shoot Camera

自動露出とホワイトバランスの設定により、完璧なレンダリングがスナップショットのように簡単に実現できます。

© Ernest Kośka
Photorealistic Cameras

写真家のようにリアルなカメラ操作が行えます。緻密な被写界深度や映画のようなモーションブラーのある画像を作成できます。

© Alexander Razgonyaev
Virtual Reality

バーチャルリアリティでプロジェクトを体験してください。 6x1の立方体および球体のステレオカメラタイプでVRヘッドセット用のコンテンツを作成します。

マテリアル

V-Ray_5_3ds_Max_Feature_Material_override_690x380-option2.jpg
Advanced material override

新しいマテリアルオーバーライドオプションは、シーンのオリジナルの不透明度、バンプ、屈折および自己照明を保持してさらにクリエイティブなコントロールを提供します。

V-Ray_5_3ds_Max_Feature_Auto-translation_690x380.jpg
Auto-translation of Physical Materials

Autodeskの物理マテリアルは、追加の変換なしでV-Rayマテリアルに自動変換されます。

V-Ray_5_3ds_Max_Material_translucency_690x380.jpg
New V-Ray Material translucency

更新されたV-Ray Materialで真の半透明マテリアルを作成できます。ボリューメトリックなサブサーフェイス・スキャッタリングが組み込まれたことで、リアルな肌、プラスチック、ワックスなどのレンダリングがこれまで以上に簡単になりました。

V-Ray_5_3ds_Max_Material_in_viewport_690x380.jpg
Improved V-Ray Material in viewport

3ds Maxビューポート内のV-Rayマテリアルの表現が最終レンダリングに近づき、結果がどのように表示されるかをより正確に把握できるようになりました。

Physical Hair Material

正確なハイライトでよりリアルに見える髪をレンダリングします。 ベースとしてメラニンカラーを使用し、追加のハイライトにはGlintと Glitter のコントロールを使用します。
詳細を見る (英語) >

Metalness

V-Ray Materialは、Metalness反射コントロールを備えたPBRシェーダーのサポートを追加しました。

Physically Based Materials

多層カーペイントから正確なサブサーフェススキャタリングまで、aLsurfaceシェーダーで、考えられるあらゆるマテリアルを作成できます。

V-Ray Toon Shader

3Dプロジェクトに漫画やセルシェーディング効果をすばやく追加します。

Chaos Scans Material Library support

1000以上のスキャンされたマテリアル。 V-Rayで直接インポートしてレンダリングできます。
詳細を見る >

Material presets

アルミニウム、クロム、ガラスなどのプリセットを使用して一般的なマテリアルを作成する時間を節約します。よく使用される髪の色のプリセットも追加されています。

Material previews

新しいrendered material swatchesは、マテリアルがどのように見えるかを正確に示します。

Coat layer

更新されたV-Rayマテリアルで反射コーティングを直接追加できるので、ブレンドマテリアルを使うよりもマテリアル作成とレンダリングの時間を短縮できます。

Sheen layer

更新されたV-Rayマテリアルの新しいSheen optionを使用して、ベルベット、サテン、シルクなどの柔らかいマイクロファイバーファブリックを作成します。

feature-thumb-thin-film-layer-_-690x380.jpg
Thin Film layer

V-Ray Materialに新しく追加されたThin Filmオプションで、シャボン玉や油膜などの虹色のマテリアルを簡単に作成できます。

テクスチャー

© Alessandro Bandinelli
Memory-efficient Textures

MARI、Mudbox、ZBrushのようなお気に入りのアプリケーションから、制作に適したマルチレゾリューションのタイル状テクスチャを使って作業することができます。

Triplanar Mapping

UVが無いシームレステクスチャをすばやく適用します。

Rounded Corners

レンダリング時に完全に滑らかなエッジを生成します—余分なモデリングは必要ありません。

Texture randomization

新しいVRayUVWRandomizerマップと強化されたVRayMultiSubTexコントロールで、シーンに変化を加えることができます。

Stochastic texture tiling

VRayUVWRandomizerの新しい確率的タイリングオプションを使用して、テクスチャタイリングアーティファクトを自動的に削除します。

V-Ray Dirt

強化されたV-Ray Dirtを使用すると、風化した縞や隙間の汚れが簡単になり、周囲と内部の両方のオクルージョンが採用されます。

New Sun and Sky model

新しい太陽と空のモデルを使用して、太陽が地平線の下にあるときの微妙な薄明かりを再現します。

Blue-noise sampling

Proxy objectsを使用して大規模なシーンをレンダリングします。V-Ray proxyは layered alembic filesもサポートし、複雑なシーンのジオメトリを効率的に置き換え、レンダリング時にのみロードします。

ジオメトリ

feature-thumb-ChaosScatter-V-Ray_6_for_3ds_Max__public_beta-690x380.png
Chaos Scatter

数回のクリックで、数百万個のオブジェクトをシーンに配置できます。新しいスキャッターツールを使えば、少ないメモリで、森や野原、群衆などをすばやく簡単に作ることができます。Chaos Cosmosから無料の3Dモデルとスキャッタープリセットをダウンロードして、始めてください。

feature-thumb-Enmesh-V-Ray_6_for_3ds_Max__public_beta-690x380.png
V-Ray Enmesh

オブジェクト全体に3Dジオメトリパターンをタイル状に配置し、ディテールに富んだ複雑なサーフェスを作成して、魅力的なクローズアップショットを作成できます。Enmeshは、複雑なパネル、フェンス、布地などの作成に最適で、ディスプレースメントや手作業でのコピーに比べてメモリ使用量が大幅に削減されます。

© Den Brooks
Proxy Geometry

proxy objectsを使用して大規模なシーンをレンダリングします。V-Ray proxieは layered alembic filesもサポートし、複雑なシーンのジオメトリを効率的に置き換え、レンダリング時にのみロードします。

Clipper with Render-Time Booleans

任意のメッシュオブジェクトを使用して、複雑な断面と断面図を作成します。

© NKI
Hair & Fur

リアルな髪を効率的でちらつきなくレンダリングします。 V-Rayには、手続き型ファー、最適化されたヘアシェーダーが含まれ、3ds Max Hair And Fur、HairFarm、Ornatrixをサポートしています。

ScanlineVFX © Twentieth Century Fox
Specialty Geometry

レンダリング時のブール演算を使用して、無限平面、メタボールと等値面、パーティクル、オブジェクトの断面図などの独自のジオメトリを作成します。

feature-v-ray5-3dsmax-up2-v-ray-decal-690x380.jpg
V-Ray Decal

V-Ray Decalsは、余分なUVW作業や下地のマテリアルを乱すことなく、あらゆる角度のサーフェス上に使用できます。ステッカーやラベルから、ひび割れ、汚れ、傷まで、あらゆるものをすばやく追加するのに適しています。ディスプレースメントを追加すれば、さらにリアルな仕上がりになります。

ボリュームエフェクト

© Dabarti Studio
Volume Rendering

光に反応する霧、煙、大気の効果をレンダリングします。 Houdini、FumeFX、PhoenixFDからvolume grid cachesを取り込めます。

© Dabarti Studio
Aerial Perspective

現実的な大気の濃度で自然に見える空をシミュレートします。

レンダーエレメント

Render Elements

約40種類のユニークなビューティー、ユーティリティ、マットパス等のRender Elementを使用して、合成時にレンダリング画像をより細かく制御できます。

Cryptomatte

透明度、被写界深度、モーションブラーをサポートするID matteを自動作成します。

Light Path Expressions

単なるジオメトリではなく、光の動きを使用して、柔軟なマスクを生成し、非常に効率的な合成を行うことができます。内蔵のプリセットで簡単に使い始めることができ、スクリプトでさらに詳細な制御が可能です。

ポストプロセッシング

Light_Mix_690x380.jpg
Light Mix

1回のレンダリングから数十の照明シナリオを作成します。 ライトの色と強度をインタラクティブに編集し、再度レンダリングせずに結果を確認できます。Light Mix設定を保存し Render Elementと合成して、シーンのライト値を更新することができます。

Layered_Compositing_690x380.jpg
Layer compositor

新しいレイヤーコンポジターで、レンダリングを微調整して仕上げることができます。レンダーエレメントの結合、ブレンドモードの設定、色の調整などを、別のポストプロセスアプリを使用せずに行うことができます。

V-Ray_5_3ds_Max_Feature_Pixel-perfect_690x380.jpg
Pixel-perfect masks in the V-Ray Frame Buffer

再レンダリングせずに、画像をピクセル単位で完全に調整します。 V-Rayのマスキングレンダー要素(Cryptomatte、MultiMatte、オブジェクト/レンダー/マテリアルID)のいずれかを使用して、レンダーの一部を選択および微調整できるようになりました。

feature-v-ray5-3dsmax-up2-sharpen-blur-690x380.jpg
Sharpen/Blur layer in V-Ray Frame Buffer

V-Rayの豊富なポストプロセス機能は、バッチ画像処理と新しいシャープ/ぼかしレイヤーによって強化され、3ds Max上でそのまま、よりアーティスティックなコントロールが可能になりました。

Get your free 30 day trial.

全ての機能を備えたトライアル。テクニカルサポート付き。
ChaosEnscapeCylindo
© 2023 Chaos Software EOOD. All Rights reserved. Chaos®, V-Ray® and Phoenix FD® are registered trademarks of Chaos Software EOOD in Bulgaria and/or other countries.

Your shopping cart

There are no items in your cart.

Continue shopping
MasterCard
Visa
AmEx
JCB
Discover
PayPal