Chaos
プロダクト
Discover V-Ray Collection

All in one

Simulation

Cloud

インダストリーエデュケーションコミュニティ
詳細を見る
ヘルプ

Visit our Help center

ヘルプ

Chaos Help Center


Contact us

リソースギャラリー

V-Ray for Revit — Key features

無料で始める購入する

Rendering

Real-time rendering

V-Ray Visionは、モデルを構築する際に、リアルタイムで高品質なビジュアルフィードバックを提供します。さらに、画像、360パノラマ、ビデオを簡単にエクスポートすることができます。V-Ray Visionで設定したマテリアル、カメラ、ライティングは、フォトリアリズムに簡単にスケールアップできます。また、Chaos Vantage Live Linkを使えば、デザインを次のレベルに引き上げることができ、非常に複雑なモデルであっても完全なレイトレーシングをリアルタイムで表示することができます。

Render-ready 3D assets

当社の統合アセットライブラリChaos Cosmosでは、レンダリング可能なオブジェクト、マテリアル、HDRIスキーをRevitで直接検索し、モデルに追加することができます。正確なスケール、自動LOD、3ds Max、SketchUp、Rhinoでの相互運用性を備えたChaos Cosmosアセットは、Revitのパイプラインに欠かせないアイテムです。

Chaos Cosmosの詳細を見る >

CPU, GPU & Hybrid rendering

V-Rayには2つの強力なレンダリングエンジンが搭載されています。プロジェクトのニーズや要件に合わせて、超高速のGPUとCPU、またはハイブリッドレンダリングを選択することができます。

Denoiser

NVIDIA AI Denoiserは、人工知能を使って瞬時にノイズを除去します。また、V-Ray Denoiserは、合成を容易にするために、個々のレンダリングチャンネルのノイズ除去に対応しています。

Interactive rendering

デザインしながらインタラクティブにレンダリングできます。ライト、マテリアル、カメラを微調整して、すぐに結果を見ることができます。

Chaos Cloud

クラウドレンダリングがワンクリックで行えます。

V-Ray Swarm

シンプルで高速な、強力で拡張性の高い分散レンダリングシステム。 V-Ray Render nodeでさらに高速化を実現。

Render Channels

ビューティーパス、ユーティリティーパス、マットパスなど、ユニークなパスが多数用意されており、合成時のレンダリング画像をより自在にコントロールすることができます。

Scene Intelligence

シーンを自動的に分析してレンダリングを最適化するので、最高の品質をより短時間で得ることができます。

Settings management

同じRevitモデルで、ビューごとに個別の照明、ムード、構図を設定できます。チームやプロジェクト間でレンダリング設定を簡単に共有できます。

Batch rendering

プロジェクトイメージのレンダリングをV-Rayに任せることができます。バッチレンダリングでは、ボタンをクリックするだけで、複数のビューをレンダリングするようにスケジュールできます。

Sun animation

V-RayはRevitのSolar Studyにさらなるリアリズムをもたらします。自然の光と影がデザインに与える影響を、さまざまな時間軸で検討し、視覚化することができます。

User interface

Seamless integration

V-RayはRevitのUIに自然にフィットし、BIMデータベースを変更することなくRevitのワークフローを補完します。

Asset Editor

V-Rayマテリアルの作成、編集、保存、管理をアセットエディタで一括して行うことができます。新しいプロキシ・オブジェクトにマテリアルを割り当て、エディタで保存し、この設定をどのプロジェクトでも再利用できます。

Appearance Manager

Revitのレンダリングを次のレベルに引き上げることができます。Appearance Managerは、基本的な Revit アセットを設定して、レンダリング時によりリアルな V-Ray アセットに自動的に切り替えることができます。

Frame Buffer

レンダリングイメージの履歴を追跡し、カラーパラメータを微調整して、Revitプロジェクトに直接保存することができます。新しいレイヤーベースのコンポジターを使用して、最終レンダリングのカラー補正を行い、今後のプロジェクトのためにプリセットを保存することができます。

Lighting

Accurate lighting

自然、人工、イメージベースのあらゆる種類の照明をシミュレートできます。V-Rayは、Revitのすべての照明をV-Rayの照明に自動的に変換し、Revitの照明機能をさらに拡張します。

feature-_-light-gen-690x380.jpg
Light Gen

手動設定なしで、さまざまなライティングシナリオでモデルを検討できます。何百もの自然なライティングシナリオを自動的にトリガーし、最も気に入ったものを選んでレンダリングすることができます。

Light mixing

レンダリング後に、モデルの照明を実験的に調整することができます。個々の光源、あるいは複数の光源の明るさや色を調整して、空間に最適な表現を見つけてください。

Adaptive lights

このライティングアルゴリズムは、多くのライトを含むシーンのレンダリングを劇的に高速化します。また、新しいAdaptive Dome Lightを使えば、イメージベースのライティングをより速くレンダリングできます。特にインテリアのレンダリングでは大幅な高速化となります。

Lighting analysis

新しいレンダリングエレメント「Lighting Analysis」を使えば、実際の照度値(ルクス)を簡単に視覚化できます。

Sun & Sky

改良されたスカイモデルを利用して、太陽が地平線上にあるときのデザインを最高の状態で表現できます。また、スカイ生成パラメータを使用して、クリエイティブなコントロールを行うこともできます。

Global Illumination

強力で高速なグローバルイルミネーションを使用して、フォトリアリスティックな部屋やインテリアをレンダリングします。

Camera

© Anna Androsova
Real-world cameras

写真家のように、露出、ホワイトバランス、被写界深度などの機能を制御できます。

Automatic exposure & white balance

いつも完全な露出でキャプチャします。 新しい自動露出と自動ホワイトバランスを使用すれば、オートフォーカスと同じくらい簡単にレンダリングできます。

Lens effects

ブルームやグレアなどのリアルなカメラレンズの効果で、写真のような臨場感が得られます。

Virtual Reality

あなたのデザインを1:1のスケールで体験できます。6x1の立方体と球体のステレオカメラタイプで、VRヘッドセット用のコンテンツを作成できます。

Materials and textures

© Anna Androsova
Physical materials

実物と同じように見える見栄えの良いマテリアルを作成します

Material library

ライブラリーから500種類以上の4K品質の建築用マテリアルをオンデマンドでダウンロードできます。ガラス、金属、木材など、モデルに必要なあらゆるテクスチャーが利用でき、すぐにレンダリングできます。

Native materials support

Revitマテリアルの拡張バージョンを自動的にレンダリングします。また、.vrmatに変換して、デザインに入れる実際の複雑な素材のようにカスタマイズすることもできます。

Decals

絵画、看板、スクリーンなどを画像を追加します。V-Ray for RevitはRevit Decalsに完全対応しています。

Contours

モデルにスケッチのような外観を与えます。すべてのアウトラインを自動的に作成するには、グローバルコンター設定を使用し、特定の領域を強調するにはコンターマテリアル属性を使用します。

Coat & Sheen materials

この2つの新しいレイヤーを使って、V-Rayマテリアルに独特の効果を加えることができます。Coatレイヤーは洗練された表面を、Sheenレイヤーはシルクやベルベットのようなリアルなファブリックに最適です。

Randomizer

UVW Randomization アセットを使用すると、ランダムなパターンや色でリアルなマテリアルを作成できます。Stochastic Tiling 機能は、テクスチャのタイリングの継ぎ目を取り除きます。

Weathering and dirt

V-Ray Dirtテクスチャを使えば、モデルのあらゆる表面にウェザリング効果を簡単に追加でき、その位置と量を完全にコントロールできます。

Metalness

V-Ray Materialは、Substance DesignerなどのアプリケーションのPBRマテリアルとの互換性を高めるために、メタリック反射(Metalness)のネイティブサポートを追加しました。

Texture maps

任意のテクスチャマップや、V-Rayに内蔵されているグラデーション、温度、トライプラナーなどのプロシージャルテクスチャを使って、リアルでユニークなシェーダを作成できます。

Material overrides

ダンボールモデルを素早くレンダリングすることで、初期デザインを活用して、プロジェクトの雰囲気をつかむことができます。

Chaos Scans

1000以上のスキャンされたマテリアル。V-Rayで直接読み込み、レンダリングできます。

Atmospheric effects

Environment Fog

リアルな大気の深さや靄を素早く追加したり、リアルな光の散乱を伴う真の3Dフォグを使用することができます。

Aerial perspective

リアルな大気効果で画像に奥行きを加えます。

Volumetric materials

リアルな素材の光散乱と半透明。

Geometry management

Geometry replacements

BIMデータベースを変更することなく、スマートに作業を行うことができます。RevitのファミリをすべてのV-Rayオブジェクトのスタンドインとして使用できます。

V-Ray Proxies

RevitのファミリをV-Rayプロキシオブジェクトのスタンドインとして使用できます。これは、木や車のような非常に詳細なオブジェクトにとってメモリ効率の良いモデルです。

V-Ray Grass & Fur

リアルな芝生やカーペット、布地をレンダリングすることができます。

Randomize proxy objects

植物や樹木のスケールや回転をランダムにすることで、V-Ray entourageに変化を与えます。

V-Ray Scene

3ds Max、Rhino、SketchUpなどの他のアプリケーションのV-Rayシーンをリンクしてレンダリングできます。すぐにレンダリング可能な V-Ray for Revit ファイルとして共有できます。

Displacement

レンガや石などのマテリアルに、余分なモデリングをせずにサーフェイスのディテールを素早く追加することができます。このDisplacementアセットは、V-RayマテリアルとRevitマテリアルの両方に適用できます。

feature-thumb-Scatter-690x380.jpg
Object scattering

RevitファミリーやChaos Cosmosアセットを散りばめて、メモリ効率の良い方法で詳細な地形を作成できます。密度、サイズ、方向などのランダム化パラメータを使用して、最大限のリアリズムを実現します。

Section Box

Revitのネイティブセクションボックスのフルサポートにより、セクションを簡単にレンダリングできます。

Infinite Ground Plane

ボタンをクリックするだけで、プロジェクトのコンテキストを作成できます。

Looking for what's new in V-Ray 5?

最新の機能追加については、What's Newページをご覧ください。
ChaosEnscape
© 2022 Chaos Software EOOD. All Rights reserved. Chaos®, V-Ray® and Phoenix FD® are registered trademarks of Chaos Software EOOD in Bulgaria and/or other countries.

Your shopping cart

There are no items in your cart.

Continue shopping
MasterCard
Visa
AmEx
JCB
Discover
PayPal