Chaos
プロダクト
Discover V-Ray Collection

All in one

Simulation

Cloud

インダストリーエデュケーションコミュニティ
詳細を見る
ヘルプ

Visit our Help center

ヘルプ

Chaos Help Center


Contact us

リソースギャラリー

Nuke 13.0で利用可能です。

アップデート
Ingenuity Studios © 2017 Big Machine Label Group, LLC
Ingenuity Studios © 2017 Big Machine Label Group, LLC

V-Ray 5 for Nuke

コンポジットアーティストのためのパワフルなレンダリング。
無料で始める購入する
Quality

トップアーティストやスタジオは、Chaos V-Rayを使用して、世界クラスの画像やビジュアルエフェクトをレンダリングしています。

Power

V-Rayは、Nukeの強力なコンポジットツールセットに、実績のあるライティング、シェーディング、レンダリング機能を提供します。

Speed

ルックデブをその場で決定できるので時間を節約でき、ポスト処理で直接レンダリングすることで最終フレームをより速く出力することができます。

Creative control

V-Ray for Nukeは、ライティング、シャドウ、反射などを3Dアプリなどに戻らなくても完全にコントロールすることができます。

Smart integration

V-Rayは、Nukeのネイティブなノードベースのワークフローにシームレスにフィットします。

An industry standard

アカデミー賞を受賞したV-Rayのレイトレース レンダラーを、業界標準のコンポジットアプリケーションであるNukeで使用することにより、アーティストは両方の長所を享受することができます。

© Curv

The blues crab

Curv

V-Ray for Nukeの機能により、Ari Rubenstein監督がどのように画期的なショートフィルムのクリエイティブコントロールを実現したかをご紹介します。

Demo Project: Sci-Fi City by Shahin Toosi

Lighting - Part 1

コンポジットアーティストのShahin Toosiが、V-Ray for Nukeを素早く始める方法と、Sci-fi Cityプロジェクトのレイアウトとライティングのステップを紹介します。

Lighting - Part 2

ライティングの概要のパート2では、V-Ray for NukeのBasic HoldoutとDeep Rendersのセットアップをデモンストレーションしています。

Materials

V-Ray for Nukeでマテリアルのルックを開発する方法と、3ds Max、Modo、Mayaなど他のV-Ray対応アプリケーションからシェーダーを取り込む方法について説明します

Rendering

V-Ray for Nukeでレンダリングを最大限に活用する方法と、V-Ray Standaloneで出力する際のヒントをご紹介します。

新着情報を見る


V-Ray 5 for NukeがNuke 13.0に対応されました。 

V-Ray 5 for Nukeは、コンポジットのコントロールと効率性を高め、さらに多くのワークフローの最適化により時間を節約でき、創造性を最大限に発揮できるようにします。

Light Path Expressions

ライトパス機能を使って、独自のレンダーパスを構築でき、コンポジット時のコントロールを改善できます。プリセットで時間を節約して特定の光の与える影響を出力したり、ブーリアン演算と組み合わせることができる独自のカスタム方式を記述できます。

New Sun and Sky Model

ゴールデンアワーのライティングを、新しい次元に導きます。新しいサン&スカイモデルは、より正確で、日の出や日没、太陽が地平線の下に沈むときも、より美しく見せます。

Coat & Sheen Layer

反射コーティングやベルベット、サテン、シルクなどのファブリックを使用したレイヤーマテリアルを、V-Rayマテリアルで直接簡単に作成できます。

Metalness

メタルネス反射がV-Rayマテリアルで直接サポートされ、PBRワークフローと完全な互換性を持つようになりました。

V-Ray 5 for Nukeの新機能の詳細については、ドキュメントページ をご覧ください。

Part of the V-Ray Collection.

究極の3Dレンダリングとシミュレーションのツールセット。

主な機能

GPU Rendering

より高速なマルチ GPU パフォーマンスを利用できるようになり、さらに Cryptomatte レンダーエレメントのサポートも追加されました。

Powerful Ray Traced Rendering

V-Ray for Nukeは、あらゆるコンポジット・パイプラインに強力なアダプティブ・レイトレース・レンダリングを提供します。Nuke、NukeX、Nuke Studioのためのフル機能を完備したレンダリングソリューションです。

Node-based Integration

先進のレンダリングツールを完備し、Nukeのネイティブ機能をサポートするV-Ray for Nukeは、コンポジットワークフローを進化させることができます。

Accurate Lighting

スポットライト、エリアライト、HDR環境、Nukeライトなど、多くのライトタイプでリアルなレイトレース照明とシャドウをシミュレートできます。

Global Illumination

V-Rayの精密なレイトレースGIで正確な間接照明をレンダリングできます。ライトキャッシュをサポートしました。

Physically-based Materials

Nukeで直接、マルチレイヤーのフィジカルマテリアルを作成できます。カーペイント、SSS、スキンなど、目的に応じたシェーダを選択できます。

Production-ready Textures

Tiled EXRやTXファイル、レイヤーテクスチャ、アンビエントオクルージョン、プロシージャルノイズなど、制作に適したテクスチャタイプを選択できます。

Cameras

フィジカルカメラ、VRパノラマ、Nukeプロジェクションカメラなど、さまざまな種類のカメラを選択できます。

VR Cameras

球体や立方体(6x1)パノラマを含む一般的なVRフォーマットへのレンダリングが可能です。

Geometry

Nukeに組み込まれたReadGeoノードでAlembic、FBX、OBJジオメトリをインポートできます。

V-Ray Scene Assets

V-Rayシーン(.vrscene)ファイルから個々のオブジェクトを取り出し、再利用することができます。さらにコントロールが必要な場合は、オブジェクトのセットを定義して、再利用やカスタマイズが可能なVRaySceneアセットを生成することができます。

Proxy Objects

メモリ効率の良いプロキシオブジェクトをAlembicやV-Rayのメッシュファイルとしてインポートしてレンダリングします。

Instancing with Particles

Nukeのパーティクルを使って、V-Rayのプロキシオブジェクトをインスタンス化します。

V-Ray Volume Grid

Houdiniなどのアプリケーションからボリュームシミュレーションをインポートしてレンダリングします。OpenVDB、Field3D、Phoenix FD ファイルをサポートしています。

Progressive Rendering

レンダリング結果をこれまで以上に高速に微調整できます。シーンに調整を加えると、レンダリングも自動的に更新されます。

Deep Rendering

ディープボリュームをサポートし、ディープレンダリング機能を向上。Nuke内部で直接ディープデータを生成することにより、ディスクスペースを節約。

Render Elements

ビューティーパス、マットパス、ユーティリティーパスを即座に生成。V-Ray for Nukeには37以上のレンダーエレメントが内蔵されており、究極のコントロールが可能です。

Full Light Select Render Element

グローバルイルミネーション、反射、屈折を完全にサポートし、個々のライトまたはライトグループを個別のレンダーエレメントとしてレンダリングし、ポスト処理で正確にライトミックスを行うことができます。

Cryptomatte

透明度、被写界深度、モーションブラーをサポートしたIDマットを自動生成し、コンポジターのワークフローを高速化します。

V-Ray Scene Node

V-Rayのアニメーションシーン(.vrscene)ファイルを読み込み、レンダリングできます。

V-Ray Translator Node

分散レンダリングを含むV-Ray Standaloneのフルパワーを利用できます。

V-Ray Denoiser

ノイズを自動的に低減し、よりクリーンなレンダリングを実現します。個々のレンダリングエレメントをデノイズし、ノイズマスクを適用して、最終的なディープコンポジットをデノイズします。

Hair Workflows

Nukeで直接、3Dクリーチャーやキャラクターをレンダリングできます。V-Ray プロキシオブジェクトを使用してヘアジオメトリをインポートし、V-Ray ヘアマテリアルを割り当てて最適化されたシェーディングを実現。

Pricing

Add more render power.

Academic licenses

学生、教育者、教育機関向けのV-Ray Educational 価格価格をご確認ください。

Find a render farm

締め切りは厳しいですか?Chaos公認のV-Ray レンダーファームを探してください。

Add render nodes

レンダリングパワーがもっと必要ですか?費用効果が高いV-Ray Render Nodesをご検討ください。

Get your free 30 day trial.

全ての機能を利用可能。テクニカルサポート付き。
無料で始める
ChaosEnscape
© 2022 Chaos Software EOOD. All Rights reserved. Chaos®, V-Ray® and Phoenix FD® are registered trademarks of Chaos Software EOOD in Bulgaria and/or other countries.

Your shopping cart

There are no items in your cart.

Continue shopping
MasterCard
Visa
AmEx
JCB
Discover
PayPal